新卒採用のコツは面接の受け答え方と仕事の経験

面接の受け答え方に問題ない学生を採用する

新卒を採用する時には、将来活躍してくれそうな人を採用していく事が大事です。そこで、ポイントとなるのが面接の受け答え方です。例えば、質問した内容に関してスムーズに答える事が出来たのか、正しい敬語を使えているのかなどを主に見ていきます。就職したいという熱意が強い人や仕事に対して前向きな人は、就職活動の準備に力を入れます。つまり、面接の練習も何度もしているので面接官の質問にスムーズに答える事が可能です。

逆に、質問した内容に答える事が出来なかったり、間違った敬語を使っている人は就職に対して強い熱意を持っていない可能性が高いので、仕事に対する意識が低い事が多いです。つまり、採用しても将来職場で活躍してくれる可能性が低いでしょう。

アルバイトや派遣の経験がある学生がおすすめ

新卒を採用する時には、アルバイトや派遣の経験がある人に注目します。学生でも、最近はアルバイトなどをしながら学生生活を送っている人も多いですがアルバイトなどの社会経験をしていると仕事がどのようなものなのかを把握している可能性が高いです。また、仕事に慣れていることも多く、入社してから職場に慣れるのが早いこともあります。ただ、アルバイトや派遣社員としての経験があるからといって、採用を決めるのは良くないです。

一番大事なのは、仕事の熱意や学生の時にどのようなスキルを習得していたかです。つまり、アルバイトや派遣の経験がある人で仕事の熱意が強く、スキルが高い人を採用すると将来期待出来るので総合的に判断する事が重要でしょう。

新卒採用コンサルティング社を利用することによって、アウトソーシングでは得ることができない自社採用担当者の育成や戦略的な採用のノウハウの蓄積を期待できます。