CADは、一体どんな分野の仕事で使われているのか?

CADとはそもそも何のこと!

求人探しの時、CADオペレータの文字を目にしたことがある方も多いと思います。CADは工業製品や建築、アパレル分野などの設計や製作に使われるコンピュータソフトです。設計製作をサポートしてくれるツールとして、各分野においてなくてはならない存在になっています。ソフトは幅広い分野に対応したものから専門分野に特化したものまで様々です。職場ごとに使われているソフトも異なるため、未経験者、経験者とも就職先で導入されているCADソフトに慣れる必要があります。

CADを使う仕事の求人内容は?

経験者優遇とする求人が多いので、未経験者が就職する際はまず未経験OKかどうか確かめましょう。未経験OKとしている場合も、大学や専門学校、職業訓練校で設計やCADの知識を求められる場合が多くなっています。未経験者は、学校に通って一定の技量を身につけてから求人に応募するのがおすすめです。経験は何年以上としている求人も少なくないため、CADを使う会社で何年間か働き続けると転職時に有利になります。CADソフトの種類を記載している求人の場合、同じCADソフトを使っていたかどうかも重視される点です。

CADを使う就職先で求められることは?

CADを用いる現場では間違いは許されずスピードも要求され、周りとの連携も重要になります。職場で用いられるソフトについては、知らないことはないほど習熟し操作も素早くできるよう訓練しておきましょう。そうしておけば、周りからの要望に速やかに応えられて職場で一目置かれるようになります。細かい部分にまできちんと手を抜かずに取り組めて、相手の要望に合わせて対応できる方に向いた職種かもしれません。

図面を読み解く力や、作図が早く正確にできる事が十分にできる場合、在宅でCADオペレーターとして働く事ができます。また、建築士などの資格を持つことで、年齢が60代でも高額で働くことが可能です。