トラックドライバーに必要な免許の種類について

普通自動車免許でも運転できるトラックがある!

平成19年6月1日までに普通自動車免許を取得している場合は、車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満の車両を運転することができます。平成19年6月2日~平成29年3月11日までに普通自動車免許を取得している場合は、車両総重量5トン未満、最大積載量3トン未満の車両を運転することができます。平成29年3月12日以降に普通自動車免許を取得している場合は、車両総重量3.5トン未満、最大積載量2トン未満の車両を運転することができます。

免許を取得した時期によって、運転することができる車両が変わります。トラックによっては、車両総重量が大きい場合もあります。トラックに乗る前には必ず自動車検査証を確認し、自分が乗る事のできる大きさであるかどうかを確認しましょう。

仕事の幅を広げる!大型自動車免許とけん引免許

普通自動車免許の他に、準中型自動車免許、中型自動車免許、大型自動車免許、けん引免許というものがあります。大型自動車免許を取得している場合は、車両総重量11トン以上の大きなトラックを運転することができます。それに合わせてけん引免許を取得することで、タンクローリーや海上コンテナ、大型トレーラー等を運転することができるようになり、仕事の幅が広がります。

小型トラックドライバーと比較すると、長距離の大型トラックドライバーの方が給料が高いです。たくさん稼ぎたい場合は、大型自動車免許とけん引免許を取得することをおすすめします。また、会社によっては大型自動車免許取得費用や、けん引免許取得費用を助成してくれる場合もあるので、確認してみるのも良いでしょう。

トラックドライバーの求人は、配送事業者で募集されている事がほとんどです。大型自動車免許を持っていると扱う荷物の量が多くなるので、月給が30万円を超える可能性が高くなります。