ITスキルを学ぼう!外資系への転職で重要なスキルアップとは?

外資系ではITの活用が進んでいる

外資系への転職を成功させるためにスキルアップしたいと考える人もいるでしょう。その際にまずは語学力を磨こうと考える人もいますが、ある程度の英語力があれば十分に対応していける現場も少なくありません。むしろ実際に行う業務や現場の様々な制度運用に対して適切な対応ができる基礎的な力を備えていることの方が重要になります。外資系の現場では国内企業に比べてITの活用が浸透してきていることが多いので、ITを使いこなせるスキルを身につけておくのが無難です。ただ、汎用性が高いスキルを身につけておかないと現場に速やかに適応することができないでしょう。どのようなスキルを身につけておいたら転職に有利になるのでしょうか。

転職前に身につけておきたいスキル

外資系に限らず、ほとんどの仕事ではワードやエクセルなどの簡単なオフィスソフトの使い方を知っていることが前提にされる傾向があります。プレゼンテーションの作成もできることが求められる職種が多いので、該当する場合には使い慣れておきましょう。それに加えて重要なのがクラウドサービスを使いこなせるようになっておくことです。情報共有をクラウドベースで行う外資系企業が多くなっているからです。基本的にデータはクラウド上に保存するなどといった基本的な考え方だけでなく、リモートワークで他の人とクラウド上で作業するといったこともできると有利になります。テレビ会議の経験があることも外資系では強く求められるのでトレーニングを積んでおきましょう。

外資系求人情報は公開されていないものもたくさんあるため、企業のウェブサイトもこまめにチェックすることが大切です。