期間工の仕事はどうやって選べばいい?その仕事内容は?

多くの求人からどのような基準で仕事を選べばいいのか

期間工で働きたいと思った際に、数ある求人の中からどのような基準で職場を選べば良いか悩んでしまう人が多くいます。いくつかある基準の中で、まず大事なのは働ける期間です。「期間」工という名の通り、正社員のように無期雇用というわけではなく実際に働ける期間は決められています。期間には短期と長期があり長期でも一般的には最大で3年が目安となっています。思いっきり働きたいという人には長期がおススメですが、とりあえず半年だけ、というような人には短期が良いです。

期間の他に、給与から職場を選択するという方法もあります。期間工は工場で自動車関係の仕事をこなすことが多いのですが、大手の会社と中小の会社では期間工といっても給与に差が生じます。そのため、ガッツリ稼ぎたいという人には大手の会社を選ぶという手もあるのです。

期間工はどのような仕事に携わるのか

上述の通り、期間工は工場で主に自動車の製造などに携わることが多いです。細かく見ていくと、鋳造・鍛造・機械加工・プレス・溶接・塗装・成形・組立という工程で各部署に配属されて作業を行います。これは自動車メーカーを例にした場合ですが、いくつかメーカーがある中で、基本的にどこもこのような流れの作業を行います。そのため、あるメーカーで短期の期間工として働き、その後別のメーカーで働いたとしても作業内容はそこまで異ならないため即座に対応できると言われています。体力が必要だと勘違いする人も多いのですが、実際にはそこまで力は必要なく女性でも働きやすい環境でもあります。

期間工とは、自動車メーカーなどで期限付きで働く契約社員のことです。寮費や光熱費がかからず住み込みで働ける点や、正社員に登用される可能性があるなどのメリットがあります。