生産設備を作るプラント工事について知ろう!

プラント工事とはいったい何?

プラント工事は生産設備を作っていくことで、ここで必要になる機械や炉周り設備、配管、デッキといったあらゆる工事を行っていくことです。イメージとしては工場を生産している工事業者をイメージするのが理解しやすく、工場によって柔軟に対応して製造を行う必要性があるため、高い技術とノウハウ必須な工事とも言えます。プラント工事の特徴としては完成を遅らせることができないというプレッシャーのなか建物を作っていかなくてはならず、遅れてしまうと工場の稼働の日時のずれによってクライアントに大きなダメージを与えてしまう可能性もあります。しかし、工場という大きなものを作り上げるという達成感を感じることができるのもプラント工事ならではの体験で、高品質な工場が完成した時にクライアントから感謝の言葉をもらった時の喜びも計り知れません。

プラント工事の仕事内容とは?

プラント工事の基本的な仕事内容は、建設業務や設計業務、品質検査業務、製造した工場の試運転、日常のメンテナンスなどが基本的な仕事内容になっています。建設業務では決められた予算内で建設することがとても重要で、規模が大きいことがで管理をするのが難しいという側面もあります。また、工場ということもあり危険を伴うような建設現場もあり、安全管理や危機管理なども必要なスキルとなっており、長期的な工程日程のスケジュール管理も必須と言えます。プラント建設後のメンテナンスでは、日々の保守管理やメンテナンス工事を行っていくので、プラント工事に関する経験や知識が豊富な人が求められる重要な仕事となっています。

施工管理の求人は資格や経験者が求められるイメージを持っている人は多いですが、未経験者も積極的に採用されています。入社後に資格取得のための学習の支援を行う企業も多く存在します。