地方の工場の給料の相場はどうなっている?たっぷり貯められるの?

地方でも給料の相場は高め

最低賃金法と呼ばれる法律により都道府県ごとに最低賃金が決められています。日本の国内においては地域によって物価が異なるため、物価の高い東京は最低賃金が高くなり低い沖縄などは低くなります。同じ仕事を東京と沖縄でしようとすると東京の方が給料が高くなりやすくなるといえるでしょう。都市部に住んでいる人がお金を稼ぎたいと求人情報を見ているときに地方にある工場の求人を見つけるかもしれません。このとき東京からはかなり離れていて最低賃金も東京よりも低めに設定されているため給料も低いのではないかと思いがちです。最低賃金が低いからと言ってその地域にある会社の給料がすべて安いわけではなく、大手工場が地方に進出するときには給料を高めにしているケースも多いです。場所よりも金額その物で選んだほうがいいでしょう。

遊ぶところがないのでお金を貯められる

短期間でお金を貯めたいなら地方の工場で働くのがいいとされています。大手自動車会社や家電メーカーなどは地方に工場を多く持っていて期間工の募集が常に行われています。給料などの条件は良さそうですがそれだけでなぜ稼げるのかと思う人もいるでしょう。いくら給料が高いとしてもそれを使ってしまえば残るお金は少なくなります。都会だと遊ぶ場所が多くあるのでお金を使ってしまいなかなか貯められません。一方地方の工場の周りにはあまり遊ぶところや買い物をするところがなく給料をそのまま貯金できます。休みの日も寮にこもる生活をしていればかなりお金を貯められるでしょう。地方と言っても少し移動すればお金を使えるところはあるので、全ての人が貯められるわけではないようです。

給料が高いというだけで大阪の工場の求人を選ぶのではなく、仕事の通いやすさをチェックするのも1つの手です。自宅から近い場所なら通いやすいので、通勤の負担を減らせます。